雑記 劣等感を自分なりに解釈…

  •   20, 2014 23:31
  •  0
  •  0
今回も頭がアボ~ンなので注意!





今回はアドラーの中の劣等感についてまとめたものです。



まず自分には劣等感が多くあると感じます。
たとえば新聞などを通じて同年代の人間が活躍している姿を見ていると、どうしようもない劣等感を抱きます。


他にも友人が幸せそうにしている姿を見た時も、恨みや妬みが出てきます。
才能も無い、能力的にも劣っていて、いろんな所が劣等感だらけです!





この劣等感という言葉を現在語でられているような文脈で使ったのはアドラーが最初だとされています。


アドラーの使ったドイツ語では、劣等感のことを「Minderwertigkeitsgefuhl」といいます。
これは「価値Wert」が「より少ないminder」「感覚Gefuhl」という意味である。





ではどうしたらこの劣等感を少しでも取り除くことが出来るのか?
アドラーによると他者との比較、つまり対人関係のなかで生まれた、主観的な「劣等感」であり、
もしも比べるべき他者が存在しなければ、同年代の人間が活躍しているなどと思いもしないはずであった。


我々を苦しめる劣等感は「客観的な事実」ではなく、「主観的な解釈」である。


客観的な事実を動かすことはできませんが、主観的な解釈はいくらでも動かすことができる。


ここで、劣等感のドイツ語「Minderwertigkeitsgefuhl」を思い出してみて下さい。
劣等感とは自らの価値判断に関わる言葉であって、価値について見て行きましょう。



たとえば高値で取引されるダイヤモンド、あるいは貨幣、我々はここになんらかの価値を見出し、1カラットいくらとか物価がどうしたかといっています。


しかしダイヤモンドなど見方を変えればただの石ころに過ぎない。
つまり価値とは、社会的な文脈の上で成立しているものであり、1ドルの貨幣に
与えられた価値は、ひとつのコモンセンス(共通感覚)であっても、客観的としての価値ではない。


印刷物としての原価を考えるなら、とても1ドルの価値はない。
もしこの世界にわたし以外の誰も存在しなければ、わたしは1ドル紙幣を冬の暖炉にくべてしまうでしょう。鼻紙に使うかもしれない。




つまり、価値の問題も最終的には対人関係に還元されて行くのであって、
劣等感も価値の問題も対人関係に繋がるのであった。



自分は劣等感をなくすには、主観的な解釈変えることが大事だと知ることができ劣等感は誰でも変えられるのだと理解した。

( ¯¯ํ¯௰¯¯ํ¯ )
関連記事

0 Comment

Post a comment